Why UPDATER? //「整っていない」こそ、面白い!

Why UPDATER? //「整っていない」こそ、面白い!

INDEX

今回インタビューしたのは、システムエンジニアやプロダクトマネージャーなどの経験を経て、2023年に入社した矢追かおるさん。入社早々、プロジェクトマネージャー(PM)として電力事業のシステム開発をリードしています。
「完成されていないからこそ面白い」と語る矢追さんに、UPDATERで働く魅力を聞いてみました!

(※肩書はインタビュー時点のものです)


まっすぐにプロダクトと向き合う環境を求めて

ー入社のきっかけはリファラルだと聞きました。

そうなんです。前職の同僚が昨年UPDATERに入社していて、「面白い会社だよ」という話は何度か聞いていました。彼とは「完成していない環境の方が面白いよね」という価値観が一緒で、きっとUPDATERはそういう面白さがある会社なんだろうなぁと。
ちょうど担当していたプロジェクトのゴールも見えてきて、次のステップを考え始めたタイミングで、UPDATERのカジュアル面談をかなり気軽な気持ちで受けました(笑)。

私自身、キャリアを積むにつれて、人間関係のしがらみだとか駆け引きだとかは関係なく、もうまっすぐにサービスやプロダクトと向き合える環境で仕事がしたいなと思っていました。そういう意味で、UPDATERは最初の面談から「ドンピシャ」。社長の大石さんをはじめ、いろいろな部署のスタッフとお話したのですが、自分でも驚くくらい自然体で話ができました。個性をそのままを受け入れるカルチャーを感じて、ここなら「まっすぐに仕事に向き合いたい」という自分が思い描く働き方ができる安心感がありましたね。


-相性の良さがあったのでしょうか。

はい、そう思います。入社して数カ月経ちましたが、面談のときに感じた印象と変わりません。実際に役職や年次も関係なく、みんなが意見を出し合う社風ですよね。
大石さんからも「いまは電力事業が主軸だけど、矢追さんがつくりたい事業やサービスがあればどんどんチャレンジしてほしい」と言ってもらっていて、日々の生活の中で「こんなサービスあったら便利かな?」と考えるようになりました。これまでにはなかった自分自身の変化です。


整理整頓はあえて、しない

ごちゃごちゃを楽しむ、その心意気について語る矢追さん
-いまの担当業務を教えてください。

電力事業の顧客管理システム、それに個人顧客向け新サービスのシステム、この2つの開発プロジェクトをマネジメントしています。どちらも外部のエンジニアさんを含めたアジャイルチームで、PMとしてユーザーや事業部のビジョンを具現化しつつ、スケジュールや予算をおさえながらローンチまで持っていくことが自分の役割です。

これまでたくさんのシステム開発に関わってきましたが、私の一番の楽しみは、「これこれ!これが欲しかったんだよね!」とユーザーに言ってもらうこと。これに尽きます。PMやエンジニアにもいろいろなタイプの方がいますが、私はモノづくりが好きで、ユーザーの声を聞きながらサービスやプロダクトをブラッシュアップしていくことに面白さを見出すタイプ。まだ入社してまもないですが、UPDATERのシステム開発でもそこは妥協せずに追い求めていきたいと思っています。


-これまでの環境と比べて、驚いたこととかありますか? 

走っているプロジェクトの数がめちゃめちゃ多いですよね。
最初は「優先順位はありますか?」とメンバーにも聞いていたのですが、よくよく考えてみると、優先順位をつけて整理整頓することよりも、パッとひらめいた面白いアイデアをまずは形にしてみることがUPDATERでは大切なんです。

限られた人数と予算で仕事をするわけですから、普通に考えたら取捨選択をします。でも、それだと普通の会社になってしまう。整理整頓しだしたら、UPDATERの面白さはなくなってしまうなと感じています。プロジェクトごとにカラーも全然違いますし、「ここまで開発してスモールスタートしてみない?」とか「外部サービスと連携したらできるんじゃない?」とか、できる理由を考える姿勢が「UPDATERらしさ」をつくっていくのだなと。
マニュアル化された開発体制で仕事をするわけではないので、いままでとは悩みの質もだいぶ変わりました(笑)。でもその「整理整頓しないところ」に、ここで働く醍醐味を感じていますね。


UPDATERで、心が動く仕事をしよう 

-うちにはどんな方がフィットすると思いますか?

やはり、整理整頓されていない環境をエンジョイできる方でしょうか。開発を進めるなかで、お互いの意見の違いはもちろん出てくると思いますが、「未完成の状況を楽しもう!」という根本の価値観さえ一致していれば、きっと同じ方向を向いて仕事ができるんじゃないかなと思います。

-「整理整頓しない」はうちのキーワードかもしれないですね。

UPDATERも今年創業13年目を迎えますが、「自分たちはこうあるべきだ」という細かいルールをあえてつくってきていないですよね。一般的な会社のあり方からすると珍しいのかもしれませんが、それが「らしさ」につながっていると思います。もちろん「ここは越えてはいけない」というギリギリのガードレールは経営陣含めてみんなが理解していて、そのなかでみんな自由に好きにやろうよ!っていう。
自分自身もそうですが、その「整わなさ」の方が気持ちが動く瞬間は圧倒的に増えると思っています。もちろんポジティブな感情だけじゃなく、「悔しい」とか「どうしよう」とかネガティブな感情も含めて。でもツーって気持ちに抑揚が生まれない環境よりも、感情を動かしながら仕事をする環境のほうが絶対に毎日楽しい。
ぜひ、UPDATERらしさに共感してもらえる方と一緒に、心が動く仕事ができたらと思っています。

うーん…からの爆笑!リアクションは誰よりも大きめ


WRITER
UPDATERブログ編集部
共創・コミュニケーション部
UPDATERブログ編集部

あらゆるモノの「顔の見える化」で社会のアップデートを目指している株式会社UPDATERのブログ編集部です!我が道で面白く、社会課題に挑む仲間募集中!